【炎上】河村たかし ”メダル噛み”市長、失礼すぎる発言の数々

 名古屋市の河村たかし市長が4日に表敬訪問に訪れた東京五輪・ソフトボール女子の後藤希友投手(20)金メダルを噛んだことによりネット上で”炎上”状態となっていたが、約11分にわたる動画がネット上で公開され、市長の失礼発言の数々で、さらに炎上している。

 市長は後藤投手に対し、「できゃ~な」(でかいな)という言葉を連発。さらに「女のソフトボールやっとるやつは」と、謝罪会見で釈明した「フレンドリー」発言。

 また、「是非、立派になっていただいて。ええ旦那をもらって。まぁ旦那はええか?恋愛禁止かね?」とどういったつもりか、意味不明な発言をした。

 金メダルをかじる問題の場面では、後藤選手から「(メダルを)持ちますか?」と言われ、「せっかくだから、かけてちょうだい」と答え、首にかけてもらうと、「重てゃ~な~、本当に、これ、重てゃ~ですよ、こうやって…な?」とメダルを噛んだ。しまいには唾液を拭き取ることもせず、後藤投手に返却。

 最後は2ショットでの記念撮影となったが、「ええですね、こういうワイルドさが。な、素晴らしい。元気な女の子は最高だわ」とまともや意味不明な発言をし、カメラが後藤選手の顔のアップ撮影しいることに対し、「お~、アップに耐えれるかな」とあまりにも失礼な発言を炸裂した。

ウィジェットニュース

ウィジェットニュース公式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA