ドラクエなどゲーム音楽続々…【開会式】

23日、国立競技場で東京五輪の開会式が行われた。新型ウイルスの影響により、様々な”ゴタゴタ”があったなかでの開催となったが、開会式で流れた音楽についてネットで話題を呼んでいる。

最初に入場してきたのは、オリンピック発祥の地であるギリシャの選手団である。このときに流れてきた音楽は、国民的ゲーム「ドラゴンクエスト」の「ロトのテーマ」だった。

入場の際に使用されたプラカードには漫画の吹き出し風に国名や地域名が描かれ、ドラクエのロトのテーマ以降も、「モンスターハンター」や「ファイナルファンタジー」などのゲーム音楽にあわせて各国・地域の選手団が入場してきた。

これらの音楽が流れるたびに、Twitter上では「神すぎでしょ」「胸アツ」といった興奮のコメントがつぶやかれた。

使用曲一覧

ドラゴンクエスト「序曲:ロトのテーマ」

ファイナルファンタジー「勝利のファンファーレ」

テイルズオブシリーズ「スレイのテーマ~導師~」

モンスターハンター「英雄の証」

キングダムハーツ「Olympus Coliseum」

クロノ・トリガー「カエルのテーマ」

エースコンバット「First Flight」

テイルズオブシリーズ「王都―威風堂々」

モンスターハンター「旅立ちの風」

クロノ・トリガー「ロボのテーマ」

ソニック・ザ・ヘッジホッグ「Star Light Zone」

ウイニングイレブン「eFootball walk-on theme」

・ファイナルファンタジー「MAIN THEME」

・ファンタシースターユニバース「Guardians」

・キングダムハーツ「Hero’s Fanfare」

・グラディウス「01 ACT I-1」

・NieR「イニシエノウタ」

・サガシリーズ「魔界吟遊詩―サガシリーズメドレー2016」

・ソウルキャリバー「The Brave New Stage of History」

ウィジェットニュース

ウィジェットニュース公式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA