韓国「放射能フリー弁当」提供

東京オリンピックに出場する選手団のために、会場近くのホテルを貸し切り、韓国独自で運営する給食センター。

韓国から派遣された栄養士や調理師が手がける弁当の食材ほ韓国から仕入れ、日本で調達された食材については放射性物質の検査が行われます。

福島県産の食材に対する懸念で、これについて韓国メディアは「放射能フリー」の弁当が提供できると報道。

日本国内で、風評被害煽りとして反発する声があがっているのに対し、韓国メディアは、「平昌オリンピックで日本でも独自の食事施設を作っている」と反論。

ウィジェットニュース

ウィジェットニュース公式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA